スケジュールの決め方

スケジュールの決め方

スケジュールの決め方 身内で不幸があった際に残された遺族は葬儀の準備が必要になりますが、実際に斎場で式を執り行うためにはスケジュールを決める必要があります。では実際にどのように斎場で予定を立てるかですが、ポイントを押さえておくと見通しが立てやすいです。まずは葬儀の形式を親族内で話し合い、どのような式タイプにするかを決めます。通夜と告別式を行うのか、1日にしてしまうかなどを決める必要があります。
次に遺族の都合などを考慮して、日程を決定することも重要です。また菩提寺などがあるのであれば、葬儀を行う日と合わせて僧侶の方の予定も確認する必要が出てきます。その他に火葬場での予約なども必要であり、これら要素を踏まえて最終的に斎場でのスケジュールを考える事になります。
日程自体は先延ばしなどにはせず、全て1日で確認してどのような日程にするのかを決定する事が重要です。無理な日程などにしてしまうと延期といったトラブルに繋がる可能性もあるので、ポイントを押さえてしっかり見通しを立てるようにします。

斎場での葬式後、49日法要までの準備について

斎場での葬式後、49日法要までの準備について 斎場でのお別れ、火葬を終えると、ひとまず49日までは時間があるように思いますが、意外とあっという間という人が多いです。
49日というのは、故人が「極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日」のことで、これは仏教の考え方です。故人が次に住む世が決まる日なので、故人にとっても遺族にとっても大切な日になります。
この日までは毎日お線香を供えたり、祭壇の前で過ごしたり、なるべく故人を偲んで過ごすようにします。反対におめでたい内容のことは行わない方がいいとされています。
斎場での葬儀が終わった後は、早めに準備を始めるのがいいでしょう。僧侶に法要の依頼をし、仕出し料理などの会食の手配も必要です。
日にち決めも重要で、四十九日の当日か、直前の土日に行なう場合が多いです。六曜は気にしなくても大丈夫ですが、四十九日より遅れてすることはよくないとされています。
日にちが決まったら参列者へ案内状を書いて知らせます。案内状には書き方のマナーがあり、句読点を使わずに縦書きにすることが大事です。