斎場について

通夜に行くときの服装

通夜に行くときの服装 社会人として生活している中で、訃報の知らせが届いて葬儀に参列する機会は出てきます。友人や知人といった知り合いだけでなく会社関係でも参列することが出てきますが、その際に斎場での通夜での服装などはポイントを押さえておくことが重要です。
斎場での通夜に参列する際は、基本的に落ち着いた色の物を選ぶようにします。時間などに余裕がある人であれば、喪服であれば問題はありません。ただし平日などは仕事をしている人も多く、仕事終わりに駆けつけるという場合も多いです。その際も極力落ち着いた色合いの服を選ぶ事が基本であり、派手な色の物は避けるように配慮することがマナーとなります。男性であれば仕事終わりのスーツのままでも問題はありませんが、ネクタイだけでも黒色に変えるなどの配慮をするとよいです。女性も普段着でもよいですが、黒やグレーなどの上着を羽織るいった工夫をする方法もあります。またアクセサリーなども外すなど、遺族への配慮をする事がポイントです。

斎場での通夜のマナー

斎場での通夜のマナー 斎場での通夜には服装に関するものなどいくつかマナーがあり、いざという時に覚えておくと安心です。
斎場で通夜を行う場合、親族はブラックフォーマルで参列します。近親者以外は黒やグレーのような落ち着いたいるの平服でも良いです。斎場では結婚指輪以外に、アクセサリーや光るものを身に着けないようにするのがマナーになります。靴にも金具がついていないタイプをはくように注意が必要です。女性は黒のストッキングもしくはタイツにします。亡くなった方の親族にお悔やみを述べる時に、忌み言葉を使わないのが大切です。忌み言葉は不幸が重なるとされる言葉で、重ね重ね等が代表的な例になります。故人の死因をこちらから質問しないようにするのがポイントです。香典は遺族に失礼がないように用意をします。仏式の場合は念誦を持参するようにするのが大事です。華美な髪型にしたり、香水をつけて参列するのは避けます。遺族の負担にならないように、親族以外は早めに切り上げるのが大事です。

新着情報

◎2023/10/24

情報を更新しました。
>斎場でお別れの儀式を行うときのトラブルと対策
>質の高いサービスを提供している優良な斎場の特徴
>斎場の数を増加させるための方法を考える必要がある
>斎場で働いている職員が受け取っている給料
>海外の斎場や葬儀は日本と大きく異なるため理解が必要

◎2022/12/20

情報を更新しました。
>葬儀を行った斎場でできる「繰り上げ初七日」とは?
>斎場ごとに式次第がおおむね決まっている点に注意
>斎場で実施されるサービスの内容はどんなものがあるか
>斎場と宗派はどのように関連するのかを解説
>斎場もデジタル化が進められてきている時代

◎2022/2/7

情報を更新しました。
>公営と民営の斎場の違いとメリット、デメリット
>お葬式をする際の斎場はどのように選んだらよいのか
>斎場はどのような場所なのか、実際の選び方
>斎場にも休業日はあるのか、事前に覚えておくといい事
>斎場の運営はどのような組織が行っているのか

◎2021/7/20

スケジュールの決め方
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

食事のタイミングと意味合い
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「斎場 マナー」
に関連するツイート
Twitter