斎場について

通夜にかかる時間

通夜にかかる時間 突然の訃報の知らせが届いた際に、直ぐに葬儀に参列する準備をする事が大切です。葬式自体は通夜と告別式が行われる事が一般的ですが、通夜に参列する際にどれくらいかかるのか気になる場合もあります。
まず斎場で始めるのは基本的に夕方18時からが多くあり、読経や焼香などを含めると平均して1時間程度と考えておくとよいです。その後はそのまま斎場で参列者に振る舞われる食事があり、これには故人への供養という意味も含まれています。用事などがありどうしても参加できない場合はそのまま帰宅しても問題はありませんが、できれば食事をいただくようにします。平均して1~2時間程度かかると考えておくとよいです。そのため終わるのは夜の20時から21時程度を考えておくようにします。あくまでも一般的な目安であり、食事なども最後までではなく途中で退席しても問題はありません。その際は遺族へ一言声をかけて、最後までいられない事を詫びたうえで退席するようにします。

通夜の夜は宿泊できる

通夜の夜は宿泊できる 葬儀を行う場合、前日に斎場で通夜を行うことが一般的です。その場合亡くなった方の家族や親族は通夜の夜、斎場に宿泊することが多いようです。これは故人の柩を前に一晩その死を悼み、弔うという風習で夜通し線香の煙りをたやさないように誰かが起きていることからきています。
以前はその際普通の棒状の線香を使っていたため、一晩のうち何回か線香の火をつけ直す必要がありましたが、現在では一回火をつければ一晩燃え尽きない渦巻状の線香が用いられているため、線香の煙りをたやさないために一晩起きている必要はなくなりました。棺のそばに誰かが寝ずについているという慣習は大切ですが、家族が亡くなって心身ともに疲れきっている親族にとっては大きな負担になることもあります。状況から見ればゆっくり宿泊することは難しいかもしれませんが、次の日に葬儀が控えていることを考えると少しでも体を休めることは必要です。自分が無理をしたり、また他の人に無理をさせることもやめたほうがよいでしょう。