食事のタイミングと意味合い

食事のタイミングと意味合い

食事のタイミングと意味合い 葬儀での通夜や告別式に参列した際に、食事を振る舞われる事が多くあります。
場合によっては持ち帰り用のお弁当を渡される場合もありますが、基本的に通夜であれば通夜ぶるまいがあり告別式では精進落としが振る舞われることが多いです。
斎場で行われる会食にはそれぞれ理由がり、また火葬場でも食べ物が出されるもあります。
では斎場での通夜や告別式で食べる際の理由ですが、まつ通夜ぶるまいには故人との最後のご飯という意味です。
故人と最後のご飯と共に食べるという事に意味があり、供養するという思いも込められています。
また喪主から参列者へのお礼という意味も込められているので、基本的には食べて帰ったほうがマナーとしては良いです。
告別式での精進落としは故人への供養と共に、参列者へのお礼とお合わせてお清めるという内容も含まれています。
そのためやはり告別式でも食事する事がマナーであり、故人への供養にもなるので断らない事が大切です。

ご遺体搬送をした後からの斎場の流れについて

ご遺体搬送をした後からの斎場の流れについて 人が亡くなった場合に、まず病院や施設であればその場所から遺体を搬送しないといけません。
そこから斎場に連絡をして、自宅に搬送するか自宅が無理な場合は斎場の中にある安置所に安置します。
その後に熊野と葬儀の準備となり、スタッフとの打ち合わせを行います。
打ち合わせには日程や祭壇の細かい指示や、料理などのことや引物や棺のことなどの項目を喪主になる方で決めます。
納棺に関しては基本的には、家族で俗世の汚れを清める意味でも拭いて、旅支度をととのえて心を込めて納棺します。
通夜は本来は身内が夜通しに個人に付き添い最後の夜を過ごすものでしたが、近年は告別式に参列で出来ない人のお別れの場になりつつあります。
翌日に葬儀と告別式を行って、その後に出棺して火葬場に行き、火葬します。
火葬時間はかなりかかりますので、待合室で待機して収骨室に行き火葬後に残った遺骨を骨壷に納めて、その遺骨を持って帰宅するというような大まかな流れになっています。